メニュー

ピーターパン症候群とは

[2023.12.27]

「ピーターパン症候群」は、一般的に、成人になっても子どものような精神的・感情的特性を保持する人々を指す言葉として使われます。この用語の由来は、J.M. Barrieの名作「ピーターパン」からきており、この物語に登場するピーターパンは、成長や大人になることを避ける永遠の少年として描かれています。

ピーターパン症候群の主な特徴や問題点を詳しく見てみましょう:

  1. 責任逃れ:

    • 大人としての社会的、職業的、家庭的な責任から遠ざかる傾向があります。
    • 常に他者や状況のせいにして、自分の選択や行動の結果を認めたがらないことがよくあります。
  2. 依存性:

    • 自分自身の生計を立てるよりも、家族や親、パートナーなどに経済的、感情的に依存することを選ぶことが多いです。
    • この依存性は、自立の努力を避けるための手段としても使われることがあります。
  3. 感情的な成熟の欠如:

    • 感情的に反応しやすく、しばしば自分の感情をコントロールするのが難しいことがあります。
    • 課題やストレスの状況で適切な判断を下すのが難しい場合があります。
  4. 恐れや不安:

    • 未来や自立に対する深い不安や恐れを持っていることが多いです。
    • これは、新しい状況や挑戦、変化に対して脆弱であることを示している場合があります。
  5. 関係の問題:

    • 深いコミットメントを避けるため、表面的な関係を好む傾向があることがあります。
    • また、パートナーや友人との関係でしばしば摩擦が起こり、理解し合うのが難しい状況が生まれることがあります。

これらの特性や問題は、成人としての役割や責任を果たすことの不安、過保護や甘やかしによる親子関係、または過去のトラウマや経験に起因することが考えられます。

公式に診断される疾患とは異なりますが、ピーターパン症候群の特徴を持つ人々は、自己認識や関係の質を向上させるためにカウンセリングやセラピーを受けることで多くの恩恵を受けることができます。

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME