メニュー

躁と軽躁の違いについて

[2023.05.30]

 

 

「躁」と「軽躁」は、双極性障害に関連した概念で、気分状態を指す用語です。

双極性障害は、気分が周期的に変化する精神疾患で、鬱期と躁病期が交互に現れます。

 

  • 「躁」: これは双極性障害の「躁病期」を指します。この期間中、個人は通常以上に活発で、エネルギッシュで、極度の興奮状態になることがあります。他の症状には、睡眠の必要性の減少、注意力の散漫、話す速度の増加、思いつきで行動する傾向などがあります。

  • 「軽躁」: 軽躁は、躁病期と似ていますが、症状がそれほど重くない状態を指します。これは「軽躁病期」または「軽躁期」とも呼ばれます。この期間中、個人は活動的で、エネルギッシュで、楽観的になることが多いですが、これが彼らの日常生活や仕事に大きな影響を及ぼすほどではないかもしれません。

 

両者の主な違いはその強度です。躁状態は一般的により強い症状を伴い、その影響は人の日常生活に重大な影響を及ぼすことが多いです。

一方、軽躁病期はより軽度で、機能障害がそれほど重大ではないかもしれません。

 

それでも、これらの気分状態は個々の経験により大きく変化する可能性があります。

双極性障害を持つ人々の経験は、非常に個々によって異なります。

なので、これらの状態が具体的にどのように現れるかは、その人の病状や、他の個人的な要素によるところが大きいです。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME