メニュー

禅とマインドフルネスの関係について

[2023.07.14]

禅とマインドフルネスは、両方とも心の平静さや認識力を向上させる手法であり、似た特性を持っています。しかしながら、それらは異なる文化的、歴史的背景を持つ二つの異なる練習法であり、その目指す目標や方法には違いがあります。

  1. 禅: 禅は仏教の一派で、特に中国と日本で発展しました。禅は「静寂」や「瞑想」を意味し、その中心的な実践は「坐禅」です。坐禅とは、特定の姿勢で座り、呼吸に意識を集中し、心を静め、考えることを止める練習のことを指します。これによって、直観的な覚悟や悟り(真理を理解する深い洞察)を得ることが目指されます。禅はより広い宗教的なコンテクスト(仏教)に位置づけられ、倫理、哲学、宗教的な儀式など、瞑想実践だけでなく、人生全体にわたる道徳的な規範や生活様式を提供します。

  2. マインドフルネス: マインドフルネスは、元々は仏教の瞑想練習から派生したもので、特にビパッサナー(観察瞑想)の伝統にルーツを持ちます。しかし、近代的なマインドフルネスは、宗教的な要素を取り除き、心理療法や健康改善の手段として科学的に再解釈されています。マインドフルネスは、「今ここに」意識を向け、自分の感情、感覚、思考を無評価で注意深く観察することを中心とします。これにより、ストレスや不安を軽減し、集中力を高め、より自己認識を深めることが目指されます。

それらの関係性については、マインドフルネスが元々禅や他の仏教的瞑想練習から影響を受けている点にあります。しかし、マインドフルネスはより一般的な観点から取り組まれ、多くの場合、宗教的な背景や目指す「悟り」などの要素を排除し、より実践的で日常生活に役立つ手法として使用されます。

結論として、禅とマインドフルネスは共に自己認識と内的平和を追求する道具であり、同じ仏教的な起源を共有していますが、その実践方法、目指す目標、そして特にその文化的、宗教的コンテクストには差があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME