メニュー

更年期障害とは?

[2023.05.25]

もちろんです。更年期障害とは、女性が中年期に体験する一連の症状を指します。

これらの症状は、卵巣が徐々に機能を失い、女性ホルモンであるエストロゲンのレベルが下がることにより起こります。

 

更年期障害の一般的な症状には以下のようなものがあります

  • ホットフラッシュ(急に体が熱くなる感じ)
  • 不規則な月経
  • 不眠
  • 情緒不安定やうつ病
  • 頭痛
  • 心臓が早く打つ感じ(心房細動)
  • 骨密度の低下(骨粗鬆症のリスク上昇)
  • 性欲減退
  • バジャイナルドライネス(膣の乾燥)
  • 尿漏れや頻尿

 

これらの症状は、更年期の始まり(通常は40代後半から50代前半)から数年にわたって続くことがあります。

最終的には、女性は閉経(最後の月経から12ヶ月経つこと)を迎え、更年期は終わります。

 

更年期障害の治療は、症状の重さや影響度によります。

ホルモン補充療法(HRT)は、エストロゲンの低下による症状を和らげるのに有効な方法であることが知られています。

 

しかしながら、HRTは一部の女性にとっては健康リスクを増加させる可能性があるため、医師と相談して決定することが重要です。

他の治療法には、ライフスタイルの変更(適度な運動、バランスの良い食事、十分な睡眠)、心理療法、代替医療(ハーブやサプリメント)などがあります。

 

更年期障害は、女性の健康と生活の質に大きな影響を及ぼす可能性があります。

したがって、症状が現れた場合は、医療専門家と相談することが重要です。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME