メニュー

季節性うつ病とは何ですか?

[2023.05.19]

 

 

季節性うつ病、またはSeasonal Affective Disorder(SAD)とは、特定の季節(大抵は秋または冬)に訪れる精神的な健康問題、具体的にはうつ病の一種を指します。

この疾患は、通常、春や夏が来ると症状が軽減し、あるいは全く消失するという特性を持っています。

これにより、季節性うつ病は一年を通して症状が持続する一般的なうつ病とは異なる点が明確になります。

 

季節性うつ病が引き起こす症状は、一般的なうつ病のそれと多くの面で類似しています。

以下のような様々な症状が観察されます

・持続的な憂鬱な気分

・興味や喜びを感じる能力の喪失

・睡眠パターンや食欲の変動

・エネルギーの低下や持続的な倦怠感

・集中力の低下

・自己否定的な感情

・社会的な孤立感など

 

SADの原因は、まだ完全には解明されていません。

しかし、多くの研究者たちは、日光の時間が季節と共に減少することによって体内時計が乱れ、脳内ホルモンであるセロトニンとメラトニンのバランスが崩れることが、この疾患の一因となるという説を提唱しています。

 

季節性うつ病の治療法としては、光線療法(または光箱療法)をはじめ、心理療法、抗うつ薬などが一般的に用いられます。

これらの治療法は、症状の軽減や管理に効果的であると広く認識されています。

 

もし自分自身や身近な人がこの疾患の症状を経験していると思われる場合は、早急に医師などに相談することが重要です。

早期に対処することで、より良い結果を得ることが可能になります。

このような精神的な健康問題は孤独に立ち向かうものではなく、適切なサポートと治療を受けることで改善が可能であることを忘れないでください。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME