メニュー

協会けんぽの傷病手当金とは

[2023.08.18]

 

 

 

協会けんぽの傷病手当金は、健康保険組合員として働く人が病気や怪我で働けなくなった際に、所得の一部を補償するための給付です。

多くの働く人にとって、この手当金は大きな安心感を提供します。

 

傷病手当金の目的

傷病手当金の制度は、働く者の生活を守るための重要な保障の一つとなっています。

私たちが健康であることは、生計を立てるための基本条件です。

しかし、突如として病気や怪我により働けなくなるリスクと共に生きています。

そのような予期せぬ事態に備えて、この手当金制度は存在します。

給与が途絶えることで、家計に直接の打撃を受けることなく、最低限の生活を維持するためのファイナンシャルサポートがこの制度から提供されます。

 

 

対象となる人

健康保険に加入している人々の中でも、特に傷病手当金の対象となるのは、病気や怪我により一時的に仕事を休むことになった被保険者です。

重要なのは、その傷病が職業病や労働災害とは無関係であることです。

もし仕事関連の病気や怪我の場合は、労災保険の給付を受けることができます。

この点をしっかりと理解し、どちらの給付を受けるべきかを正確に判断することが大切です。

 

 

給付の内容

傷病手当金の給付は、休業の初日から3日間の待機期間を経て、4日目から開始されます。

この待機期間は、一時的な病気や軽度の怪我で数日休んだ場合を考慮して設けられています。

給付の額は、給与の2/3と定められており、これにより日常の生計や医療費をカバーすることが可能となります。

最大給付期間は1年間ですが、特定の条件下では最長18ヶ月まで延長されることもあります。

 

 

申請の手続き

傷病手当金を受け取るためには、適切な手続きが必要です。

まず、かかりつけの医師から「傷病手当金支給申請書」の診断書部分を記入してもらうことから始めます。

医師が病状や休業が必要な期間を詳細に記述します。

その後、この診断書を持って、所属する健康保険組合に申請書とともに提出します。

提出後、組合では各種の審査が行われ、承認された場合、指定された口座に給付金が振り込まれます。

 

注意点

傷病手当金は非常に便益な制度ですが、以下の点を注意してください。

  • 仕事に関連する病気や怪我の場合、労災保険の給付が優先されます。
  • 給付の期間中に他の仕事をして給与を受け取る場合、その分手当金が減少する可能性があります。これは、二重の給付を防ぐための措置です。
  • 給付を受けている間も、定期的に病状の診断書を提出する必要があります。これは、引き続き給付を受ける資格があるか確認するためです。

 

 

 

まとめ

協会けんぽの傷病手当金は、病気や怪我で働けなくなった被保険者の所得を保護する重要な制度です。

給与の2/3の補償は、多くの人々にとって生活の維持や医療費の支払いに大きく貢献します。

しかし、申請や給付には一定の条件やルールがあるため、しっかりと理解しておくことが必要です。

不明点や疑問は、所属する健康保険組合へ確認を行いましょう。

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME