メニュー

休職の診断書をもらうには

[2023.05.18]

休職の診断書をもらうためには、医師に診てもらい、休職が必要な状況であることを認識してもらうことが一般的です。

 

以下に具体的な手順を示します。

  1. 医師の診察: まず初めに、病院や診療所で医師の診察を受けます。休職が必要な病気や状態であることを医師に伝え、休職が必要と判断された場合には診断書を作成してもらうことが必要です。

  2. 診断書の依頼: 医師の診察が終わった後、診断書を依頼します。休職が必要であること、そしてその理由(病名、症状、治療計画等)が記載された診断書を依頼します。診断書は通常、医師から直接患者に渡されます。診断書には休職が必要な期間や、再評価の必要性など、患者の健康状態に関する重要な情報が記載されることが一般的です。

  3. 診断書の料金: 診断書には料金が発生します。そのため、診断書を依頼する際には、料金について確認することが重要です。

  4. 診断書の受け取り: 診断書は、依頼後数日で準備されます。準備ができ次第、診療所や病院で直接受け取ることが多いです。

  5. 診断書の提出: 得た診断書は、通常、職場の人事部門や上司に提出します。診断書に基づいて休職の手続きが進められます。

 

以上が一般的な流れですが、会社によっては休職のための手続きや必要な書類が異なる場合があるので、人事部門や上司に確認してから手続きを進めると良いでしょう。

また、医療機関や医師によっても診断書の取り扱いが異なる可能性がありますので、具体的な手続きは診察時に医師や医療スタッフに確認することをおすすめします

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME