メニュー

ストレスと蕁麻疹の関係について教えてください。

[2023.05.20]

ストレスと蕁麻疹(じんましん)の関係については、いくつかの研究があり、ストレスが蕁麻疹の発生や増悪に影響を与える可能性が指摘されています。

しかし直接的な因果関係が証明されているわけではなく、あくまでストレスは蕁麻疹を引き起こしたり、症状を悪化させる一因となるとされています。

 

  1. ストレスと蕁麻疹の発症: ストレスが強いと、自律神経やホルモンのバランスが乱れることがあります。この乱れにより免疫系が過剰に反応し、アレルギー反応と同様の症状が引き起こされることがあります。この反応により、体内のヒスタミンという物質が過剰に放出され、皮膚に赤みや腫れ、かゆみといった蕁麻疹の症状が現れると考えられています。

  2. ストレスと蕁麻疹の悪化: また、既に蕁麻疹を持っている人においては、ストレスが症状を悪化させることもあります。これはストレスによって体の防御機能が低下し、通常は体が対処可能な刺激に対しても過剰な反応を示すようになるためです。

 

なお、ストレスによる蕁麻疹は、一時的なものであることが多いですが、長期にわたるストレスが続くと、慢性的な蕁麻疹を引き起こす可能性もあります。

 

それぞれの人のストレス対処法や体質によっても、蕁麻疹の発症や症状の悪化は異なります。

したがって、ストレス管理と健康的な生活習慣が重要となります。

 

また、蕁麻疹の症状が重い場合や、慢性的に続く場合は医療機関での診察を受けることをおすすめします。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME