メニュー

ストレスと吐き気の関係性について

[2023.07.14]

ストレスは、心身の健康に様々な影響を与えることが知られています。

吐き気もその一つで、ストレスが原因となることがあります。

このような現象を心因性の吐き気とも呼びます。

以下に、ストレスと吐き気の関係性について詳しく説明します。

  1. 自律神経の影響:ストレスは自律神経系に影響を及ぼし、交感神経と副交感神経のバランスを乱すことがあります。特に、副交感神経が活発になると、消化器系の活動が活性化し、これが吐き気を引き起こすことがあります。

  2. 胃腸の動きの変化:ストレスは消化器系の動きを乱すことがあり、特に胃や腸の働きに影響を与えます。胃腸の運動が過剰になったり、逆に弱まったりすると、吐き気や嘔吐を引き起こすことがあります。

  3. 脳と消化器系の連携:ストレスは、脳と消化器系の間の連携を乱すことがあります。ストレスが脳に影響を与え、これがさらに胃腸の働きに影響を及ぼすことがあります。これは、脳腸相関と呼ばれる現象の一部です。

  4. セロトニンの影響:ストレスは脳内のセロトニンの量を変化させます。セロトニンは、気分や感情をコントロールするだけでなく、消化器系の働きにも影響を与えます。そのため、セロトニンの変化は、吐き気や他の消化器系の症状を引き起こすことがあります。

  5. 免疫システムへの影響:長期的なストレスは免疫システムに影響を及ぼし、体の抵抗力を低下させることがあります。これにより、胃腸の病気や感染症に対する抵抗力が低下し、吐き気を引き起こすことがあります。

  6. 心理的反応:ストレスは感情を高ぶらせ、この高ぶった感情が吐き気を引き起こすこともあります。特に、不安や恐怖などの強い感情は吐き気を引き起こしやすいです。

 

これらの要素を理解することで、ストレスと吐き気の関係性について深く理解することができます。

ストレスが継続的にある場合は、ストレスを減らすための方法を探す、適切なリラクゼーションを取り入れる、または専門家に相談することをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME